HOME 千葉共同サイロとは? 施設紹介 食糧輸入のゲートウェイ 人材育成 チバキョウカレッジ インターンシップ チバキョウカレッジ メディア掲載 ブログ 採用情報 アクセス お問合せ
毎日に欠かせない食品原料の供給ターミナルとして
商社を通じて輸入された小麦は、千葉共同サイロの専用大型船岸壁に到着し、サイロへ搬入・保管されます。また、一部の小麦は、内航船やはしけで、他社サイロまで回送されることもあります。
サイロで保管した小麦は、製粉会社や食品会社に出荷されます。小麦粉からは、パン、麺、菓子などが作られます。その他、醤油、味噌等、日常生活になくてはならない食品になっていきます。このように、当社は首都圏を中心に全国の食品原料供給基地として、日々貢献しています。
小麦の流通
 

食糧輸入のゲートウェイとして

千葉共同サイロは、「千葉食品コンビナート」に立地しています。
「千葉食品コンビナート」は、日本で最初の食品工業団地として造成され、昭和39年に発足した日本最大の食品コンビナートです。臨海部には、海外からの原料を受け入れるサイロ群が設けられ、これに直結して原料を加工する企業(第一次加工業)が設置、さらにその後方に加工食品企業(第二次・第三次加工業)等を配置する「臨海型食品コンビナート」システムとなっています。
千葉共同サイロはこのシステムの玄関口に位置づけられ、食糧輸入のゲートウェイとして、海外からの原料の受け入れから保管を一貫して行う重要な役割を担っております。

周辺案内(千葉食品コンビナート企業配置図)