HOME 千葉共同サイロとは? 施設紹介 食糧輸入のゲートウェイ 人材育成 チバキョウカレッジ インターンシップ チバキョウカレッジ メディア掲載 ブログ 採用情報 アクセス お問合せ
経営理念

1.個人の尊重、自由闊達、自己成長
  人間の持つ「愛されたい」「自由でありたい」「成長し続けたい」と言う願望を大事に、そしてそれが実現できる企業風土を醸成する。

2.競争力のある高品質な物流サービスの提供
  個々人が実力を発揮できる社風のもと、健全な事業活動を通じて、競争力があり、質の高い物流サービスを顧客に提供し、埠頭における総合物流事業会社を目指す。

行動方針10ヶ条

1.挨拶励行
  挨拶は自分のため、新しい扉を自分で開きます。

2.報告・連絡・相談(報・連・相)
  扉を開いて、上司、同僚に速やかに報告、連絡、相談するようにします。

3.チームワーク
  目標、情報を共有し、チームワークを発揮して仕事を進めます。

4.自分の頭、自分の言葉、自己責任
  まずは自分の頭で考え、自分の言葉で発言し、自己責任で行動します。

5.チャレンジ
  想像力を駆使して、変化にチャレンジして行きます。

6.プラスワン
  小さなことでも良いから、プラスワンの発想で、サービスの価値を高めます。

7.顧客満足
  お客さまのニーズを先取りし、的確に把握し、顧客満足を高めます。

8.コンプライアンス
  法を犯すことは許されません。法令、社内の規則、企業倫理を順守します。

9.安全・迅速・確実
  業務を遂行するにあたっては、災害防止で安全第一、迅速、確実を旨とします。

10.環境保全
  環境保全に十分心がけます。

千葉共同サイロ将来ビジョン2020

1.環境変化や技術革新に勇敢にチャレンジすることで、
   社内外からの更なる信頼感を獲得できる会社に

2.多様性のある「人材育成」と強い意志を持った「自己成長」を
   通じて、より強くて、より優しい会社に

3.更なる高いES(Employees Satisfaction)を目指して、
   会社、社員、そしてその家族が絆を実感できる会社に

4.国際的視野から飛躍し、真の意味での国際化を
   進めることが出来る会社に

会社概要
社 名 千葉共同サイロ株式会社
代 表 代表取締役社長 祐源通延【社長挨拶】
住 所 〒261-0002 千葉市美浜区新港16番地 [アクセス]
電話番号/FAX TEL:043-241-1231 / FAX:043-247-8882
資本金 4億8百万円
株 主 住友商事株式会社
日清製粉株式会社
千葉製粉株式会社
キッコーマン株式会社
設立年月日 1967年4月20日
URL http://www.kyodosilo.co.jp
事業内容 サイロ事業、港湾運送事業、倉庫業、貨物利用運送事業、3PL物流事業
取扱品目 小麦、大麦、とうもろこし、その他
ISO認証登録 2001年 ISO9001認証取得
2002年 ISO14001認証取得
 

社員コメント

1967年の創業以来、50年にわたり千葉港で食糧輸入のゲートウェイとして活動しています。時代や顧客ニーズの変化に合わせて、サイロの拡張や設備の増強、耐震補強などフレキシブルに変化に挑戦しています。

主要取引先

社員コメント

一大消費地である関東地方を後背に、小麦の橋渡し役として、商社、製粉、醤油醸造等様々な企業様との取引を行っています。皆様の食卓に小麦粉やパン、うどん等の製品をお届けするフードチェーンの一翼を担っています。

丸紅 CZL 三井物産
三菱商事 伊藤忠商事 カーギルジャパン
兼松 双日 豊田通商
住友商事    
日清製粉 千葉製粉 昭和産業
高橋製粉 小川製粉 阿部製粉
かちどき製粉 笠原産業 白鳥製粉
千葉埠頭サイロ    
キッコーマン ヤマサ醤油 ヒゲタ醤油
千葉県醤油工業協同組合 キノエネ醤油 入正醤油
小川屋味噌店 日本ケロッグ 農林水産省
丸全昭和運輸    
組織図
 
社内監査により会社のリスク管理やコンプライアンス状況、業務運営に係る網羅的な点検を行い、内在するリスクや課題の洗い出しと、その解決方法を探り、会社の発展に向けて提言を行います。
 
管理部門として人事、経理、総務を担い、時代の変化に合わせて、会社が健全に運営され社員が安心して働けるよう、専門知識を活用し縁の下の力持ちとなって業務に取り組みます。
 
日本一のハブ港を目指し取引先との折衝を行う他、サイロスルーを始めとした新しいサービスの提供により、お客様のニーズに迅速かつ的確にお応えすることで、高品質な物流サービスを提供します。
 
貨物の入出庫や保管管理に関わるオペレーションを担当しています。
スムーズで効率的な荷役と、お客様からお預かりした貨物の品質管理、設備の日常管理を行っています。
 
施設の保全、管理を担当しています。
当社の運営に欠かすことのできない大型機械や建物が十分に機能を発揮できるよう、中長期的計画を基にメンテナンスを行うともに、日々の維持管理を行っています。
沿革
1967年 4月 資本金125百万円設立
5月 千葉中央地区埋立造成用地取得
1968年 6月 ドルフィン桟橋竣工
8月 鋼板サイロ(収容力1,000トン)竣工
9月 操業開始。初内航船入港(大豆粕)
10月 ニューマチックアンローダ2機完成(吸揚能力600t/H)
11月 第1サイロ(37,120トン)竣工 
375百万円増資(資本金500百万円)
12月 大型外航船初入港(小麦)
食糧庁指定倉庫
検疫くん蒸倉庫
1969年 1月 千葉製粉向け原料搬送用コンベア完成
4月 港湾運送事業免許取得千葉港2種4種限定
8月 トラック出荷ゲート大廂完備
1972年 5月 第2サイロ(44,640トン)竣工
1974年 9月 日清製粉千葉工場向け原料搬送用コンベア完成
1975年 8月 キッコーマン株式会社が当社株式取得
9月 第3サイロ(22,230トン)竣工
1976年 5月 ニューマチックアンローダC号機完成
8月 特別高圧受電設備完成
1978年 3月 第4サイロ(8,520トン)竣工
1981年 3月 第3サイロ増設(24,188トン)竣工
1985年 10月 第1サイロ増設(15,394トン)竣工
1990年 9月 トラック用切込み設備完成
1992年 11月 208百万円増資(資本金708百万円)
1997年 8月 72,149DWT桟橋認可
2001年 7月 ISO9001の認証取得
2002年 7月 ISO14001の認証取得
2003年 9月 桟橋延長工事完了
2004年 5月 機械式アンローダ導入
2006年 12月 危険品倉庫竣工
2008年 12月 施設耐震工事(サイロ、護岸)開始
2009年 4月 艀出庫設備導入
2011年 5月 内航船積込設備竣工
ニューマチックアンローダC号機400t/H更新
6月 貨物利用運送免許所得(内航船)
2013年 3月 300百万円減資(資本金408百万円)
2016年 3月 施設耐震工事完了
2017年 4月 創立50周年
第1サイロ建設風景 1967年
第1サイロ竣工 1968年
第4サイロ竣工 1978年
現在のチバキョウ